スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天長節

 12月23日の天長節の佳き日、毎回和田倉門付近で行はれてゐる国旗協会主催の国旗配りに参加した。
 第一回目のお出ましのときに、長和殿に向かひ、万歳をしながら天長節を祝ひ奉った。陛下からは陛下の誕生日のことよりも今年の東日本大震災、台風に対するお言葉を賜った。その後、いつもは和田倉門へと戻り国旗配りを行ふのだが、今回は国旗の回収の役目を拝し大手門へと向かった。そして大手門で国旗の回収。
 本日は昭和殉難者たちが刑死した日でもあるので、国旗配布終了後、不二歌道会とともに靖国神社へと向かひ、参拝した。
スポンサーサイト

皆既月蝕

12月10日、大東会館で行はれた「国学研究会」忘年会に参加。
国学研究会では、最初にまづ本居宣長の『うひ山ふみ』の輪読を行ひ、その後中澤伸弘氏による講義を行ってきた。講義ではこれまでに本居宣長の『玉鉾百選』、本居大平の『倭心三百首』を勉強してきた。
そして来年からは、本居宣長の『玉勝間』の輪読を行ひ、その後の講義は『万葉集』となる。新たな参加者も歓迎する。日時などは大東会館ブログを参照。
http://d.hatena.ne.jp/daitou/

忘年会を終へた後、十名くらゐでさらに懇談を続けてゐた。すると、「今がちゃうど月蝕の時間だ」といふことに誰かが気付き、皆で外に出て空を見上げた。月が赤っぽくなってをり、しばらく見てゐるとだんだんと恐ろしくなってくる。おそらく古代人もかういふ感覚を持ち、月蝕に不吉を感じたのではないだらうか。しかし、これだけの人数で夜空を眺めて天体観測っぽいことをするのは小学校の天体観測の宿題以来ではないだらうか…。そして室内に戻り談笑。午前1時くらゐに大東会館を出た。その時に再び夜空を眺めると月蝕は終はってをり、いつも通り月は輝いてゐた。今、映画で「源氏物語 千年の謎」が開催されてゐる。保田與重郎は『源氏物語』を「大空をゆく夜毎の月読壮士のイメージにもとづくのである」としてゐる。やはり月読壮士(つくよみをのこ)はこのやうに輝いてゐるのが一番綺麗だと思ふ。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。