スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年如神

241102.jpg

≪一つの新しい日本ローマン派的気運が起りつつあるのだ。我々は浅沼刺殺事件を、昭和四年の山宣刺殺事件に比定したが、昭和初年に於ける既成政党不信の気運が、滔々たる既成政党排撃気運に転じたのはそれから間もなくであり、日本浪曼派運動の興つたのは、それに次いでであつた。大いに清純雄渾堂々たるローマン精神が興揚さるべき時が来つつあるやうだ≫(「山口青年の死に就て」影山正治)

大東塾の影山正治塾長は山口烈士の義挙をこのやうに論じてゐる。そして、影山塾長のいふ昭和のローマン的気運を作り出した日本浪曼派の保田與重郎は下の歌を詠んだ。

 少年如神
 十七の少年なるよと聲あげてなきたまひけりわれにむかひて
 ますらをにつきたる神よのこゑもつまり哭(ね)になきにけり人見るもよし

混迷する政局により、国民は行動を始め、行動する運動は以前よりも盛り上がってゐる。近代日本にこのやうな運動は重要である。もし、西洋文化圏や支那文化圏なら、それだけで良い。しかし、日本にはそれだけでは足りない。やはり神話と古典を柱とする精神や運動が最重要である。そのためにはローマン的気運を作り出す必要がある。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。