スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回9・29反中共デー

 9月29日は昭和47年に国交を樹立した日である。しかし、これまでに中共とわが国が正常な関係であったことはない。そして中共との関係が正常でないのはわが国だけではない。満洲、南モンゴル、東トルキスタン、チベットなども中共の脅威にさらされてゐる。中共はこれらアジア民族の明白な敵である。そこで10年前に有志が相集ひ9・29反中共デーを開催した。この輪は今や東京だけでなく、日本各地でも開催されるやうになった。今年も「日中国交断絶」を掲げて反中共デーを各地で開催された。
 僕は中共といはず、太古の昔から支那とわが国が正常であったことなどなかったと思ふ。わが国は唐風(からぶり)に流れる傾向がありながらも、最終抵抗線で国風(くにぶり)を護持してきたのだ。
 
 東京大会は六本木の公園に集まり、反中共デー東京大会を開催。
 大会に先立ち国民儀礼。そして、大会では反中共デー宣言、委員会挨拶、連帯の挨拶があり、各地の大会の共同決議案が読み上げられ、満場の拍手を持って決議された。
PICT0350.jpg

 大会後、デモ行進。六本木の公園から中共大使館付近を通り、広尾の公園まで約1時間半。
PICT0369.jpg
PICT0384.jpg

 約300人がシュプレヒコールをあげながらデモ行進を行った。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。