スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊攘義軍12烈士女弔魂祭

22日、東京・港区の愛宕神社にある慰霊碑前で尊攘義軍12烈士女弔魂祭が斎行され、参列した。

降伏に反対し徹底抗戦を主張してゐた尊攘同志会は、昭和20年8月16、17日に木戸邸を襲撃するが目的を果たせず愛宕山に篭城。特高が解散の説得を試みるも、篭城した尊攘同志会10名は、22日の午後6時に「天皇陛下万歳」を叫び手榴弾で自決したのである。そして、その5日後、尊攘同志会自決現場で夫人2名が夫のあとを追ひ拳銃自決。この12名が尊攘義軍12烈士女である。

尊攘義軍12烈士女弔魂祭は午後5時から執り行はれて、自決の時間である6時に黙祷を捧げ、海行かばを合唱し、そして尊攘義軍の誓願詞「尊皇絶対 生命奉還 神州恢復 朝敵撃滅 天津日嗣天皇弥栄」を唱和した。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。