スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第29回新嘗を祝ふ集ひ

241123-1.jpg
241123-2.jpg



けふは、一般的には「勤労感謝の日」といふ祝日となってゐるが、本来は新嘗祭(にひなめさい)といふ祭日である。天皇陛下におかせられましては、神嘉殿で新嘗祭を斎行あそばされる。

今年も民間有志が集ひ「第二十九回新嘗を祝ふ集ひ」を開催した。
第一部は講演。今年は國學院大学の菅浩二准教授をお招きして「家・郷土・国体ー『難波田春夫の『斎庭之稲穂』神勅論」。
第二部は祭典。新嘗祭を斎行。この集ひでは実行委員で祭壇を組み、ひもろぎを立ててお祭りを斎行してゐる。このやうなお祭りは珍しいのではないかと思ふ。今年も僕が育てた稲も祭壇に奉った。
そして第三部は直会(なほらひ)。神様にお供へした御神酒や食物を皆でいただく。

講師によると、近代以降に民間でも新嘗祭を斎行するやうになったのは昭和十年からださうだ。しかもそれは戦後の社会党左派の人々だったらしい。僕はこのことを全く知らなかった。
かつては左翼陣営でさへ新嘗祭の意義を承知してゐたのだらう。翻って現在はどうか。保守と言はれる陣営でさへ怪しい。最近のネットから運動に入った人達は新嘗祭すら知らない人が多いやうだ。実際、お祭りといふ言葉すら通じなかったことがあった。屋台と盆踊りのイメージしかないやうだが、それは余興に過ぎない。お祭りの本体は祭祀であり、最も重要な祭祀が新嘗祭である。
本来の日本人の暮らしは、祈年祭(としごひのまつり)と新嘗祭を貫く生活である。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。