スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保田與重郎生家

天忠組の史跡めぐりを終へ、次はマイクロバスで桜井市の保田與重郎生家へと向かふ。

250622-8.jpg

保田邸は大きな古民家。中央に数名かたまってゐるが、そこには「保田與重郎生誕地」と書かれた石碑が建立されてゐる。しかし、彼らは石碑を見てゐるのではなく、そこに長椅子があり、その長椅子に座って集合写真を撮ろうと椅子を倒してゐる場面。結局、なかなか椅子を倒すことができず、椅子を使はずに集合写真を撮影。
写真でもその大きさはわかるが、中に入ると奥域もありさらに驚き、この土地のこの家で生まれ育ったことは保田與重郎に大きな影響を与へてゐたであらうことは想像に難しくない。

250622-9.jpg

保田家で存分のおもてなしをうけ、次は近くの等彌神社へと向かふ。
等彌神社の入り口には保田先生が揮毫した「申大孝」の石碑が建てられてある。宮司の説明を受けて正式参拝。
その後社務所で歌会を開催。
そして橿原神宮近くの旅館で直会を行ひ一日目の日程は終了した。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。