スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興福寺仏頭展

250915.jpg

上野の東京芸術大学美術館で開催されてゐる「国宝興福寺仏頭展」を観覧。

第一展示室から第三展示室まである。
第一展示室は「第1章 法相宗の教えと興福寺の絵画・書跡」。
護法善神扉絵などの絵画が多く展示されてゐた。
山本健吉が日本の絵とは魂を抜き出したものであるから、影を描かないとしてゐるが、たしかに影は描かれてゐなかった。
また、法華経などの春日版板木などの展示もある。

第二展示室は「第2章 国宝 板彫十二神将像の魅力」。
本来はどのやうに配置されてゐたかわかってゐないらしいのだが、板彫の描き方の構図から、一面に三枚づつ、四面に配置したやうである。
また、ここでは中金堂の二十分の一の模型があり、CGによる中金堂の再現ビデオの上映もされてゐた。

第三展示室は「第3章 国宝 銅造仏頭と国宝 木造十二神将立像」。
第一展示室と第二展示室を見終はると、エレベーターで上の階の第三展示室へ。
中に入ると、黒い壁で薄暗くなってをり、スポットライトで照らされた十二神将立像が配置されてゐる。この十二神将立像は力強く、迫力がものすごい。そして、スポットライトで、壁や天井に浮かび上がる影も迫力がある。この展示会場そのものが、洗練された空間となってゐる。今回は「仏頭展」と名付けられてゐるが、この十二神将立像が主となってゐるのだらう。その十二神将立像の奥に仏頭が展示されてをり、その奥にはCGで仏頭の修復再現のビデオが上映されてゐた。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。