スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社昇殿参拝

真言宗護国派と靖国神社に昇殿参拝。
拝殿に昇殿して、修祓をうけたあと、護国派の僧らは般若心経を奉唱。その後本殿へと向かひ、代表者が玉串を捧げて二礼二拍手一礼の作法で参拝。昇殿参拝後は元宮にも参拝した。
僧と昇殿するのも初めてだったが、拝殿に昇殿してお経をあげるのを聞くのも初めてだった。

2606025.jpg

「九段の母」といふ歌謡曲の三番の歌詞は、

両手合はせて ひざまずき
おがむはずみの おねんぶつ
はっと気づいて うろたえました
せがれゆるせよ 田舎もの

である。
拝殿に昇殿してからといふのはごくごく稀かもしれないが、戦後すぐは靖国神社の拝殿前でお経を唱へる姿は結構あったのかもしれない。

今は靖国神社が政治的視点で論じられることが多いが、靖国神社とは何かを知るにはこの「九段の母」といふ歌謡曲を聞くのが一番いいと思ふ。軍人にとっては「靖国神社の歌」の方がいいだらうが、一般国民の心情はやはり「九段の母」の方だらう。

神恩感謝祭

6月18日、伊勢神宮崇敬会の神恩感謝祭に参加。
神恩感謝祭の前に瀧原宮を参拝。その後神宮会館へと向かふ。

260618-1.jpg

神宮会館では開会式が行はれ、その後金田憲明・神宮司庁前営林部長より「御用在と神宮宮域林の森づくり」と題した講話が行はれた。御材木を切り倒すときは「倒れる」とは言はず「寝る」といふらしい。

260618-2.jpg


 夜は月夜見宮の月次祭、由貴夕大御饌の儀を奉拝。月夜見宮は豊受大神宮別宮である。浄闇のなか、たいまつの光だけで斎行されるお祭りは、ものすごく神秘的であった。

翌19日は外宮、内宮に御垣内参拝。そして、神楽殿で御神楽奉納し、その後少しの間自由行動だったので内宮神域の荒祭宮、風日祈宮に参拝。出口前馬小屋の屋根に木の枝の影が映ってゐるのだが、ぱっと見は屋根に描かれてゐるやうに見えて、芸術的であった。

260619-1.jpg

 神恩感謝祭終了後、神麻続機殿神社、神服織機殿神社に参拝した。

第三十回新嘗を祝ふ集ひ

11月23日、第三十回新嘗を祝ふ集ひを開催した。
第一部 講演
「としごひとにひなめ―保田與重郎の新嘗観を中心として」荒岩宏奨(新嘗を祝ふ集ひ実行委員長)
第二部 新嘗祭
第三部 直会

当日の参列者が講演の模様を撮影してyou tubeにアップしてくれました。
下記アドレスからご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=7VnM8eMtIK4&feature=share&list=UUfiShZpsLmYlxe-JZhTLK9g
このやうな雰囲気で行ってゐます。
新嘗を祝ふ集ひの本旨は講演後の新嘗祭です。

大東塾創立七十四周年祭第六十七回全物故同志合同慰霊祭

4月3日は神武天皇祭。
この日、大東神社で斎行された大東塾創立74周年祭第67回全物故同志合同慰霊祭に参列した。
朝、1時間早めに神社に着くやうに会社を出る。吉祥寺駅では雨のために電車が20分遅れてゐた。しかし、他の電車に乗るよりも20分待った方が早く着くので、強い風で雨がホームまでふりそそぐなか待った。電車が通過するたびに冷たい風が起こりだんだんと体が冷えていく。そして青梅までの直通電車に乗ったのだが、数駅ほど進んだところで、人身事故のアナウンス。駅でしばらくの間止まり、青梅直通電車は急遽立川駅止まりとなってしまった。
その電車で終点となった立川駅まで行き、別のホームから青梅行きの電車があるといふことなので乗り換へる。その電車も雨のために10分ほど遅れてゐた。小作駅で下車してバス停に行くが、5秒ぐらゐ間に合はず目の前でバスは発車してしまふ。
お笑ひ芸人・バイきんぐのやうに「何て日だ!」と叫びたくなった。
バスはその後30分待たないとないので、タクシーで神社に向かひ、ぎりぎり間に合った。
お祭りは満開の桜と降りしきる雨のなか、滞りなく厳粛に斎行された。

250403-1.jpg

250403-2.jpg

祈年祭及び新嘗を祝ふ集ひ30年奉告祭

2月17日、祈年祭。祈年祭は「きねんさい」とも「としごひのまつり」とも言われてゐる。「とし」とは稲やお米のことであり、お米を乞ふから「としごひ」である。祈年祭は新嘗祭と対になってゐるお祭りであり、ごく簡単に言ふと、祈年祭で五穀豊穣をお祈り申し上げ、新嘗祭では五穀豊穣に実ったことに感謝申し上げる。
今年は新嘗を祝ふ集ひが30回目となる。そこでこの祈年祭の佳き日に、新嘗を祝ふ集ひ実行委員会は、新嘗を祝ふ集ひ30年奉告祭を小石川大神宮で斎行した。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 大和国原 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。